空港で焦らずスムーズに搭乗口へと進む手順について。

自衛隊と一緒に使っている空港

自衛隊と一緒に使っている空港

日本国内の各地には空港が存在しており、その中には自衛隊と共用しているところがあります。
石川県にある空港は民間の航空会社だけでなく、航空自衛隊も使用しており戦闘機が配備されています。
さらにこのようなスタイルは他にもあり、例を挙げるならば徳島県にある飛行機のための施設があります。
この場所では民間の航空会社が使用している他に、海上自衛隊も使っているという事情を抱えています。
この他にも元々は自衛隊の基地であったが、新たに飛行機が離発着するための施設が追加された例があります。
例えば茨城県にそれは存在していて、最初は航空自衛隊の基地だけだったのが施設が追加で作られたことです。
なお自衛隊と一緒に利用しているところでは、管制を行うのは自衛隊側と決められています。
なお、民間の旅客機と航空自衛隊の戦闘機以外の戦闘機が離発着をしているというケースも存在しています。
例えば青森県内には二ヶ所の航空機発着場がありますが、その内の一つはそのケースに該当しています。
その場所においては、民間機と航空自衛隊の戦闘機の他に日本に駐留している外国の空軍の戦闘機も離発着しています。
なおこの空港における管制を担当しているのは航空自衛隊であり、つまり日本側が業務を行っているのです

空港で焦らずスムーズに搭乗口へと進む手順について。

遠方への出張や家族の旅行などで、初めて飛行機に乗るけど勝手がよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。
空港に着いてからはまず、主に係員のいるカウンターで、チェックインと呼ばれる航空券の搭乗手続きが必要です。
チェックインには締め切り時刻があり、国内線は30分前後、国際線であれば1時間前後と設定されている場合が多く、並んだ時などの時間も考慮して、それよりも早く済ませる事が推奨されています。
チェックインが済んだ後は、機内に持ち込む事の出来ない荷物をカウンターで預け、保安検査場へと進みます。
預ける荷物がない場合は、航空券の種類により、チェックインをせずに直接保安検査場へ進む事も可能です。
保安検査場では、X線と金属センサーを使用した手荷物と身の回り品の保安検査、靴の形状など目視によるチェックが行われます。
この時は、財布や携帯電話などを手荷物の中に入れておくと、受け取り忘れの心配もなくなるので安心です。
また、飲料など液体の持ち込みは、手荷物の中にあっても指摘されますので、予め外に出しておくとスムーズに検査が進みます。
検査が済んだ後、国際線は出国審査へと進み、国内線はそのまま搭乗便に割り当てられた番号の搭乗口へと進みます。
搭乗口に30分前くらい迄に到着していれば、安心して搭乗する事ができます。


『空港』 最新ツイート

@4everTvxq5

今週bigbang どっかでライブやった?? 空港にやたらbigbangグッズ持ってる子たちが多かったんだけど

20秒前 - 2016年12月11日


@nico_nogi

台湾のときの衣装だ〜♬ 空港のとき来てたジャケットだ〜♬ #mionamail https://t.co/xtMPtn7BAB

25秒前 - 2016年12月11日


check

ペット火葬 足立区
http://www.nansaikaikan.com/singlefolder/adachiku.html
水周り壁紙 多摩
http://www.sigen-recycle.com/
ヘッドライト
http://goodtoku.com/?mode=cate&cbid=2051150&csid=0
機械組立 仕上げ
http://www.e-monozo.com/shopbrand/026/008/X/

最終更新日:2016/9/2


PAGE TOP

COPYRIGHT 2015 要チェック!フライトのススメ ALL RIGHT RESERVED